医科向けメディカルサプリメントのご提案
医科向けメディカルサプリメント

弊社サプリメント成分の安全性について
弊社サプリメント成分の安全性

米国産婦人科絶賛のREVIVAL
REVIVALって何?

書籍の紹介
書籍の紹介

栄養療法ソフトの紹介
栄養療法ソフトの紹介

栄養医学研究所について
栄養医学研究所の事業内容
栄養医学研究所佐藤所長投稿掲載記事の紹介
栄養医学研究所々長プロフィール
栄養医学研究所の所在情報

体内環境検査
体内環境検査
BESTシステム
BTA (Biological Terrain Assessment) 生体内環境検査
爪の検査(NMA Test)


|| BTAコンセプトの背景 || BTA開発の背景 || BTAと自然環境 || BTAと人間の生体環境 ||
|| 米国の医療現場でのBTA || データーの解釈 ||

BTAに関するお問い合わせ
BTAコンセプトの背景
・あなたは、今、目前にいる患者の症状を薬物治療で完治させることが困難と感じはじめていませんか?
・あなたは、自分が健康であるか健康でないかを知るために、侵襲的な方法で採血した血液を用いて、数え切れないほどの検査を受けさせることに疑問を感じていませんか?
・そしてあなたは、伝統的な西洋医学治療法では完治させにくい、関節炎、再発感染、または慢性疲労などのような症状で、痛みや苦痛を与えていませんか?


もし、上記の1つでも該当する項目があるとすれば、あなたはすでに伝統的、懐古的な診断および、治療方法に不満と疑問を感じており、その解答、つまり慢性的病気の真の原因を正確に診断する方法を模索しはじめた1人であると言えます。

ある医師は、健康管理の評価方法、検査、及び、治療の伝統的な基準に執着し続けています。また、他の医師の中には、病気細分化に注目し、ますます専門化させることにエネルギーを費やしています。しかし、北米および一部海外の代替療法、対処療法、および、健康管理サービス提供者は、すでに懐古的な治療方法を脱却しはじめ、生体内環境評価(以下、BTAという)と呼ばれる、治療、および、健康管理の革命的なアプローチをはじめ、その動きはますます拡大しています。

科学界でも急速に拡大してきたこのアプローチは、価値ある情報を医師にもたらすだけでなく、患者の健康管理に対しての寄与は大きいのです。
ページTOPへ

BTA開発の背景
BTAによる診断治療は、患者の生体情報を詳細に評価することで、現代生活がもたらす、緊張、および、ストレスの悪影響から開放させ、健康へ誘導させていくことが可能です。BTAの概念はヨーロッパで発生し、主にLouis Claude Vincent教授の臨床研究によって確立されました。

Vincent教授は、臨床研究によって、薬剤投与が体を癒すための重要な鍵ではないことに注目しました。さらに、教授は、むしろ重要な鍵となるのは生体内の生化学的反応にあることを発見しました。Vincent教授は、人間の臨床データを集積し、評価するとことによって、生体構成要素である、アミノ酸、酵素、分子、および、原子が、生体材料(血液、尿、および、唾液)の中に存在し、生体内の状況を評価するための極めて重要なデータがそこから提供されることを確信しました。

さらに、pH(酸性またはアルカリ性 ) 、酸化還元、またはredox( 潜在的な、電子および酵素の反応)、および、生体材料の抵抗力 ( 分子イオン活動 )の強力な値をモニターすることによって、さらに、生化学反応をわずかに変化せることによって、健康、および、生命力を回復させることが可能となり、結果として、病気、および、疾患と戦うのを助けることを確信しました。

BTAでは、化学、生化学、生理学、および、臨床栄養の完全な理解を必要としますが、その理論、および、パラメータは、非常に基礎的なものです。例えば、BTAの全体作業の理解をめるるために、作物生育のプロセスを知ることは、役に立つと思います。
ページTOPへ

BTAと自然環境
農場で生計をたてている人々、もしくは、菜園を所有するすばらしい機会を持った人々は、確かに尊敬と知識をもって、地球、および、作物成長のプロセスに対する感謝を深めるようになりました。

彼らは、種を植えさえすれば、数ヶ月後には食物が収穫できることよりも、健全な作物を生産するためには、種を植える農地、または、菜園の地質が重要であることを知りました。

それは、土の生化学成分、種の性質、適切な管理、栄養成分と肥料成分の測定結果の認識、および、水と日光の適当量の管理に対する深い知識が必要となります。

同様に、特別な昆虫、肥料、雑草、菌、および、それらの存在に関する理解を必要とします。

その土が栄養分豊かで、ミネラル豊富な肥沃であった場合、農場経営者は、蒔かれた種が生命力で満ちている食物を産出するであろうということを確信します。

また、彼らは、そのために、土の生命力を維持さ、カビ、有害な微生物、菌、および、昆虫の被害を最小限に防ぐための気配りを怠りません。BTAは、健全な農地や庭を造り上げることと同様に、人体の生化学的反応の完全な、そして、広範な理解を必要とします。
ページTOPへ

BTAと人間の生体環境
農地や庭を管理維持させるのと同様に、人間の体内の生化学的反応は、健全な食品、適切なビタミン、および、ミネラルの摂取、さらには、適度なエクササイズ、および適切な休息によってバランスがとれ、健全な状態を維持し、結果として、免疫機能を活性化させるとともに、予防機能が獲得できます。

しかしながら、体がビタミン、ミネラルを十分に摂取できず、典型的な米国の食品のような食品添加物、または、加工食品を摂り続けたならば、、その体は、免疫機能が活性されにくくなり、病気に罹患しやすくなります。

同様に、その体が不適当な休息、エクササイズ、または、過度のストレスにさらされるならば、さらに病気に感染しやすくなります。ちょうど、管理を怠った作物には栄養素が不十分で、健全な食物が生産することができないのと同様に、人間の体は、生命力、および、ウェルネスを創造することが困難となり、ますます病気、ストレス、疲労、および、慢性的堕落に陥る可能性が増大します。

現在、これらの不適当かつ過剰な状況は、ウェルネス、および、生命力維持することが、規則正しく習慣的に実施されるない場合ほど、生体内に変化をもたらし始めています。

多くの科学者や臨床医が、体の特別な部分、または、機能を研究し、薬、および、科学の多くのフィールド調査をしている間に、BTAに携わっているドクターは、体全体の生化学反応の環境をBTAによって調査し続けてきました。

BTAのゴールは、生体内における生化学的反応の更に深い理解を得て、患者の生体環境を回復させ、それを維持させるために、妥当な診断・処置を指示することにあります。

生化学的レベルで人の生体内を評価することによって生体内中の全ての細胞、組織、臓器、および、内分泌腺の状態を把握し、結果として人間の生命力、および、健康状態に反映させることになります。

BTAを使用するドクターは、全ての人間の体は同じでなく、全ての病気が個別に治療されなければならないというポリシーを持っています。それは、同じような状態にあるように思われる個人であっても、生体内においては、非常に異なった生化学的反応を示し、同様な診断・処置が行えないケースがあるということです。

たとえば、ここに十二指腸潰をもっている2人の方がいたとします。

現代医学においては、おそらくこの2人の患者に対し、タガメットによる薬物療法が最も一般的でマニュアル通りの治療法かもしれませんが、BTAによる生体内評価では、酵素の分泌が不十分で、慢性的なストレスにさらされたことが原因であることを提示するでしょう。その結果、栄養、および、ライフスタイル改善プログラムが作成され、患者個別の栄養のサポート、または治療をおこなうことになります。

個人の生体内環境を評価するために、ドクターは、患者の尿、静脈血、および、だ液を採取して検査分析します。
ページTOPへ

BTA検査のプロセス
BTA検査に供する検体採取に際しては、採取の12〜14時間前から物を食べないようにする必要があります。また、口腔内の生化学反応の変化を避けるために、練歯磨き、口内洗浄液、または、口紅の使用は避けることも重要です。

採尿については、自宅で早朝1番尿を採取のうえ、持参してください。

静脈血を0.5ml採血し、だ液も0.5mlほど採取します。

採取された尿、血液、および、だ液は、BTA S-2000と呼ばれるコンピューター一体化の分析器によって検査分析されます。この分析器では、各検体のpH、抵抗力、および、redoxの値を測定するために、特殊なマイクロセンサーが用いられます。

3つの重要なファクター(pH、抵抗力、および、redoxの値)は、患者の体力活性、および、現在の状態のインジケーターとして、生体内の酵素活性、アミノ酸活性、および、生命活性を反映します。各検体から得られたデータは、体内で酵素活性が適切に機能しているか、ビタミン、ミネラル、および、栄養物の消化吸収が十分に機能しているか、そして、各検体のpHが強酸性状態なのか、強アルカリ性状態なのかを、あなたに貴重な情報として提示してくれます。

また、3つのファクターは、人間の生体内を侵すような産業廃棄物などによって、環境が悪化しつつあることに対する警告を促がすことにもなります。また、各検体の異なる酸化減少値は、体内の酸素供給状態を反映します。

これらの値の低い状態が長い期間継続すると、さらに、病気、疾患、衰退、および、老化しやすくなります。

医師に提供される3つのredox値には、生体内の電子の電位、および、動態についての情報が反映されています。また、これらの情報は、生命力を維持、活性化するために極めて重要な生体内化学反応に、どの程度の酸化的ダメージが影響しているのかを、警示してくれます。

BTAの専用ソフトウェアによって、血液、尿、および、だ液材料から、9つの値(3材料×pH、抵抗力、および、redox)が分析されます。これらの結果データは、医師によって評価されるとともに、受診者へのガイド指針として提供されます

しかし、BTAによる分析では、特別な病理、または、病状を診断しないにもかかわらず、受診者の健康維持、生命活性をするために、多大な貢献をもたらすのです。
ページTOPへ

米国の医療現場でのBTA
ほとんどのBTAを使用している医師がそうであるように、BTA S-2000の分析結果を、その他の客観的かつ主観的な検査検討結果と組み合わせることによって、生体内の生化学的反応に対する、さらに深い理解が得られます。そうすることによって、より正確な診断、および、処置のプロトコル作成が可能になります。代替療法、および、逆症療法を実施しているほんとんどの医師は、限定はしないまでも、特別な自然療法、ホメオパチー、ハーブ療法、および、ビタミン、ミネラルを用いた栄養療法を推奨しています。

BTAによる生体内評価を初めて受ける患者の多くは、いわゆる一般の病院やクリニックで受診した、検査レポートを持ってBTAを使用している医師のクリニックへやってきます。

まず患者は、血液、尿、および、だ液を用いて、pH、 redox、および、抵抗力の分析を受け、その結果から、その患者の生体バランスの変化、および、病因を決定することになります。

BTAでの分析を進める中で、しばしば、寄生虫、ウイルス、細菌、汚染物質、 zenobiotics ( 環境毒 ) 、侵略的微生物、ビタミン、ミネラルの不足、酸素量の不足、および、過度の二酸化炭素摂取など、非常に強力な影響が患者生体内に存在することがわかります。

一般的に行われている臨床検査では、これらの病因を確認することが難しく、正確な病状の把握が困難なことから、病状が悪化するといったケースもあります。

かつて、人類の歴史上、人間の組織が、これほど過度のストレス、原因不明の病気、酷使、および、怠慢な状況に陥ったことはありません。

この惑星では今、人間を含む全ての動植物、および、生活習慣、様式が、急激な変化を受けています。

極めて重要な生命資源の消耗、および、破壊、そして、新しいウィルス、細菌種への感染、汚染、石油化学製品、 アレルゲン 、フリーラジカル、過度の放射線被爆、食品添加物、および、慢性的な精神ストレスという現象は、BTAによって、新たな健康管理、研究検討、および、処置を必要とする新しい健康維持への試みを加速化させ、治癒へと導くことになります。

なぜならば、一般的な臨床検査は、BTA分析のように生体内の評価をするのではないために、多くの病気が間違った診断をされ、不適な処置をされている現状があるからです。

今、我々の生活習慣、および、健康状態は、急速に、そして、劇的な変化をしています。

今後、医師はこの状況を理解し、新たな健康維持への試みを推進し、さらなる発展を目指すことは、非常に重要になると考えます。そして、同様に、医師は患者に対して、上記のような現状があるために、新たな健康維持の方法と、その実践が必要であることを説明し、治癒させるためのサポートが重要となります。

BTA、および、その理論による分析の実践は、今後の医療、そして、研究分野として、現状を打開するためのニーズにマッチしたものであり、そのポテンシャルは高い言えます。

BTAは、生体内の科学反応による評価という点だけでなく、自然科学の裏付けによって、生体内の状態を明確に反映させることのできる、科学的にも非常に価値あるものです。

さらにBTAは、臨床的、および、自然界の力のモニターだけではなく、治療に際するプロトコルの有効性を裏付けるものとして、対処療法、代替医療、および、その研究に役立ちます。
ページTOPへ

データーの解釈
ペーハー値の説明
この検査では、各検査材料がアルカリ性でるか、酸性であるかを分析することで、水素イオン濃度(電位)を確認します。対数で定量化されたペーハーの値は、体内の水素イオン濃度を反映しており、0(水素イオンが飽和状態にあることを意味する)から、14(水素イオンが全くない状態)までの値で表現されます。

ペーハー測定結果が0から6.99の間にあるときは酸性であることを意味しており、7.01から14までの間にあるときは、アルカリ性であることを意味しています。もし、ペーハー測定結果がちょうど7.00である場合には、中世であることを意味します。

被検者の検体のペーハー値が上昇している場合には、体内水素イオン濃度は減少していると考えられ、逆に、ペーハー値が低下している場合には、体内水素イオン濃度は増加していると考えられます。

正確かつ精密に測定された体液のペーハー値は、その時の体内環境を正確に理解するためには重要な要因であると同じに、その後、最高の健康状態を作り出すうえで重要な指針になります。事実、ホルモン受容体部位、酵素反応速度、及び、ミトコンドリアの機能がペーハー値に依存しており、単に酸性-アルカリ性の指標としてペーハー値を考えるのではなく、正しく理解することによって、体内環境を正しく把握でき、改善のための効果的な方法を提供するための非常に重要な指標であるということです。

rH2(REDOX)値の説明
rH2値は、ペーハー測定結果によって導き出される酸化還元電位の測定結果で、分析された各検体中に存在する電子の量を示しています。rH2値の測定範囲は0から42までで、28が電子供与体濃度と電子受容体濃度が拮抗している中間点を表します。体内電子は酸化に深く関与しており、細胞や物質が酸化するときには、他の細胞や物質から電子を奪い取ります。このとき、電子を奪う側を「電子受容体」といい、電子を奪われる側を「電子供与体」といいます。

rH2値が28未満となる場合には、電子受容体よりも相当数の電子供与体が減少している状態であることが考えられます。逆に、rH2値が28よりも高値である場合には、その検体は酸化させられると考えられます。酸化させられた検体中の電子供与体量は、電子受容体量よりも少ない状態にあります。電子量が、細胞、特にミトコンドリアに多く存在することは非常に望ましい状態であるといえます。体内における電子は、*クレブス回路における代謝産物の活性および生産過程の結果として生じます。

それらの電子は、高エネルギーの生化学的中間物によって誘導されます。これらの中間生成物は、*酸化的リン酸化機構によって、利用価値の高いエネルギー(アデノシン三リン酸、グアノシン三リン酸)に変換されます。

このような状態の場合、血中のrH2値は、最適範囲から増加していることを意味しており、電子供与体から電子受容体への相対的な電子量が減少しているが考えられ、細胞が高エネルギーの燃料(アデノシン三リン酸、グアノシン三リン酸)を産出する能力が低下していることを意味します。

*クレブス回路とは:細胞核内に存在するミトコンドリアは、糖、アミノ酸、および脂質の代謝産物を二酸化炭素と水に分解し、その時生じたエネルギーをATP(アデノシン3リン酸)の形で蓄積し、呼吸に深く関与している。このミトコンドリアで行われている、呼吸にかかわる代謝工程をクレブス回路という。

*酸化的リン酸化とは:電子の伝達、運搬とともに無機リン酸とADPからATPが生成する生体内反応で、呼吸によるエネルギー獲得の主要な作用です。

r値の説明
r値は、オームにおける抵抗率の測定結果です。この値は、溶液中における電気的に伝導性を持つイオンの相対量をあらわしています。r値は、体内の相対的なミネラル量を鋭敏に反映する値で、体内ミネラル量はr値に反比例します。したがって、ミネラルの相対量は増加しているときr値は低値を示し、逆に、ミネラルの相対量が減少するときは、r値は高値を示します。

r値が高い場合、体内に必要十分なミネラル量が不足していることが考えられます。これは、ミネラルが血液に運ばれて、正常に吸収されない、吸収不良状態であることが考えられます。
ページTOPへ