Nutritional TIPs
フードサークルの崩壊!
人は60兆人の子供の親であるという考え方
New-trition Topics
FLAXオイルについて
タラの肝油について
コレステロールはダイエットの敵ではない
あなたのダイエットの知識は大丈夫?!
女性必見 ナチュラルな「プロゲステロン」ホルモンの効果の数々
知りたい情報Q&A
ビタミン・ミネラルの選び方
CustomVitaMinシリーズ
栄養、健康に関する問い合わせ
サプリメントの最適な飲み方
重金属の体内蓄積について
水銀の害について
緊急報告!水銀が人間の脳内中枢神経に与える影響
水銀の排泄について
アマルガムの削除歯科医の紹介
解毒のためのポイント
水銀ニュースレター
自閉症関連情報

LGS(リーキーガット症候群)
LGS(リーキーガット症候群)について
LGS自己判断テスト
LSG改善のポイント
LGS学術文献集

新着健康情報
最新ニュース
Nutrition 見聞録
所長短信
佐藤所長のブログ
自宅でできる健康チェック
45歳以上の方の老化度テスト
胃酸の分泌量チェック法
栄養度判定検査
解毒判定検査
解毒のためのポイント
更年期度チェック
便の自己チェック
腸の運動量判定チェック
栄養素カウンセリングについて
栄養素カウンセリングについて

爪分析検査
爪の検査(NMA Test)

書籍の紹介
佐藤章夫の著書
ジョナサン・ライト先生が執筆した本の紹介

栄養医学研究所が推薦するクリニックの紹介
クリニックの紹介
歯科医の紹介
歯科医の紹介

栄養講座
生命の礎「アミノ酸」
抗酸化について
栄養素の神話
ヘルスナビゲーター講座


あなたのダイエットの知識は大丈夫?!
テレビのチャンネルを回せば「○○を飲めばやせる!」新聞を開けば「○○健康器具で○kgダイエット!」。日本人はこんなことを続けてそろそろ10年が経とうとしています。皆さんの中にも肥満を気にされて、食事制限、ダイエット食品の摂取、スポーツジム通いをされている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

ダイエットは知識と方法正しい知識を身につけて理想の体系と体内環境をつくりましょう!が備わって始めて正しい減量ができるというものです。

コレステロールはダイエットの敵ではない!
肥満の大敵は何?と聞いたら、ほとんどの方が「コレステロールの摂りすぎ」「運動不足」と答えられるのではないかと思いますが、さて、この「コレステロール」について正しい知識を持っていらっしゃる方が何人いらっしゃるでしょうか?
とかく肥満の大敵として疎まれているコレステロールですが、「悪玉のLDLコレステロール、善玉のHDLコレステロール」、「心臓病にはコレステロールは大敵」「脂肪だからコレステロールは太る」、いずれも間違った知識ではないことも事実です。
問題は、「肥満=コレステロール」のイメージが1人歩きしすぎてしまったことにあります。
肥満改善やダイエットのためにコレステロールを避けた食事、また食事量そのものを制限することによって確かに体重そのものを落とすことは可能でしょうが、それと同じに健康のレベルも落とすことになることの認識が低すぎることも事実です。
まず、人間の体内にあるコレステロールを100%とすると、その80%は数々の食物栄養素によって肝臓が作り出し、残りの20%が直接的にコレステロールを含む食物摂取によって構成されています。
これを裏付ける興味深い例があり、コレステロールが豊富に含まれると言われている卵を1日に1ダース、1週間続けて食べても血中のコレステロール値にほとんど変かは見られませんでした。
また、肝臓におけるコレステロール生産の能力は年齢とともに低下してくることも事実です。もう1つの事実として、ダイエットには非常に興味をお持ちの女性に知っておいていただきたいことがあります。
人間には生きていくため、また子孫を残すために必要で重要な働きを担う「ホルモン」という物質があります。
特に女性には直接的・間接的に代謝、妊娠、神経系で重要な働きを担うプロゲステロン、エストロゲンと言われる女性ホルモンがありますが、これらのホルモンを作る源になっているのがコレステロールであることはあまり知られていません。
プロゲステロン、エストロゲンは女性にとって非常に重要なホルモンであり、月経、妊娠に関わるだけでなく、骨の形成、神経伝達、老化などにも深く関与しています。
このようにコレステロールは人間にとって非常に重要な物質であり、誤った知識によるダイエットは非常に危険であるということです。
HDLコレステロールレベルを向上させ、正しい食事と不足しがちなビタミン・ミネラルの補給によって肥満や心臓病を改善、予防することを心がけてください。
ページTOPへ

脂肪燃焼には筋肉が必要!
燃焼系♪燃焼系♪と持て囃されているアミノ酸。皆さんアミノ酸飲料やサプリメントを飲めば脂肪が燃焼すると思っていませんか?その前に、人間の脂肪の多くはどこで燃焼されるのでしょうか?
答えは「筋肉」です。 脂肪の大きな役割は人間が動くために必要な筋肉や細胞のエネルギーとして働くことです。
つまり、この脂肪がなければ人間は人間として生きていくことができないと言っても過言ではありません。 
肥満の原因となる脂肪ですが、言ってみれば毎日人間が活動するために必要な筋肉のエネルギー消費量以上の脂肪が日々蓄積した結果とも言えます。
ここが正しいダイエットのポイントであり、体内環境を崩さず、個々人のライフスタイル、年齢、食生活に合ったベストなダイエットのポイントが筋肉にあるわけです。
1、自分のライフスタイルを考える

1日にどのくらいの運動量があるか?最近1週間の食事の献立は?年齢?
前岡山大学医学部の医師で、現在岡山駅前で
ドクターダイエット(岡山市表町1-5-1岡山シンフォニーホール2階086-226-7070)
を主宰する金城先生は、この脂肪を燃焼させるためには筋肉を増加させることが重要であることに着目した、医師による科学的なエビデンスと栄養素に基づく効果的な減量プログラムを実践し、実際にほぼ100%の減量効果を果たしている日本では数少ないドクターです。
ページTOPへ