Nutritional TIPs
フードサークルの崩壊!
人は60兆人の子供の親であるという考え方
New-trition Topics
FLAXオイルについて
タラの肝油について
コレステロールはダイエットの敵ではない
あなたのダイエットの知識は大丈夫?!
女性必見 ナチュラルな「プロゲステロン」ホルモンの効果の数々
知りたい情報Q&A
ビタミン・ミネラルの選び方
CustomVitaMinシリーズ
栄養、健康に関する問い合わせ

重金属の体内蓄積について
水銀の害について
緊急報告!水銀が人間の脳内中枢神経に与える影響
水銀の排泄について
アマルガムの削除歯科医の紹介
解毒のためのポイント
水銀ニュースレター
自閉症関連情報

LGS(リーキーガット症候群)
LGS(リーキーガット症候群)について
LGS自己判断テスト
LSG改善のポイント
LGS学術文献集

新着健康情報
最新ニュース
Nutrition 見聞録
所長短信
佐藤所長のブログ
自宅でできる健康チェック
45歳以上の方の老化度テスト
胃酸の分泌量チェック法
栄養度判定検査
解毒判定検査
解毒のためのポイント
更年期度チェック
便の自己チェック
腸の運動量判定チェック
栄養素カウンセリングについて
栄養素カウンセリングについて

爪分析検査
爪の検査(NMA Test)

書籍の紹介
佐藤章夫の著書
ジョナサン・ライト先生が執筆した本の紹介

栄養医学研究所が推薦するクリニックの紹介
クリニックの紹介
歯科医の紹介
歯科医の紹介

栄養講座
生命の礎「アミノ酸」
抗酸化について
栄養素の神話
ヘルスナビゲーター講座


LGS改善のための栄養素
・ グルタミン
・ FOS(フルクトオリゴ)
・ グルコサミン(N-acetyl D-glucosamine)
・ α-リポ酸
・ ケルセチン
・ γ-オリザノール
・ ビタミンE
・ 亜鉛:
・ 乳酸菌(Lactobacillus Acidophilus)
・ 乳酸菌(Lactobacillus Bifidus)
・ パイナップル酵素(ブロメライン)
・ パパイヤ酵素(パパイン)
・ アカニレ
・ キャッツクロウ
・ ギンコビロバ
・ リコリス

1、 LGSによる腸膜の状態改善目的成分
@ グルタミン
アミノ酸のグルタミンは腸の膜細胞の修復に必要な成分です。またグルタミンは外部からのウィルス、細菌、未消化食材の侵入に対する防護機能を高める成分です。

A 乳酸菌
乳酸菌のLactobacillus AcidophilusおよびLactobacillus Bifidusは乳酸菌の中でも酸耐性が高いスーパーストレインといい、腸内で最も多い菌であると同時に免疫機能に深く関わる善玉菌です。LGSによって腸内環境が崩れたときに少なくなってしまう菌でもあり、十分に補うことが重要な乳酸菌です。また、LGSの原因またLGSの悪化の原因にもなるカンジダ菌と戦うことができる乳酸菌でもあります。

B FOS(フルクトオリゴ)
FOSは乳酸菌のエサとなる成分で、スーパーストレインの繁殖を高めてくれる繊維成分です。

C アカニレ
アカニレはSlipprey Elmと呼ばれるハーブで、LGSによって慢性的に炎症傾向にある腸膜の炎症を抑える作用を持ちます。また、アカニレには繊維質が豊富なので、腸膜表面に必要なムチン性粘膜の分泌を促進するため潰瘍などから保護します。

D キャッツクロウ
キャッツクロウもハーブの1つで腸膜表面に必要なムチン性粘膜の分泌を促進するため潰瘍などから保護します。また、カンジダ菌の増殖も抑える働きを持ちます。

E リコリス
リコリスは漢方で使われる甘草です。リコリスには腸膜の再生を促進する働きと腸膜のライフサイクルを延ばす作用があります。また血液の循環を向上させるため、栄養素の吸収代謝が向上します。通常使用されるリコリスには血圧を上昇させるグリチルリチンという成分が含まれているため、今回処方するリコリスはグリチルリチンを除去したものを使用します。

F ギンコビロバ
ギンコビロバには血液循環を促進する働きがあり、腸膜修復に必要となる栄養素の運搬を向上させる目的で配合しています。

2、 LGSによって低下した免疫力を向上させる成分
@ N-アセチルグルコサミン(NAG)
NAGはLGSによって低下した腸における免疫機能を高めるための成分です。腸の膜細胞は免疫機能と深く関わっていますが、その腸の膜細胞表面に必要で膜そのものを形成する成分の1つがレシチンです。レシチンが膜細胞を形成するためには膜の表面にレシチンを受け止めるための糖タンパクが必要で、NAGは最も強力にレシチンを受け止める機能成分です。レシチンには膜細胞を形成するだけでなく、免疫に関るT細胞を刺激して免疫力を向上させる働きもあります。

A 亜鉛
免疫機能を向上と同時に膜の損傷修復させるためのミネラルです。

3、 LGSの再発を予防する抗酸化成分
@ ケルセチン
柑橘系果実から抽出されたケルセチンには強力な抗酸化があり、フリーラジカルを抑制する作用が強いだけでなく、腸膜表面にあり免疫機能に関るマスト細胞の活性を高めます。また、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑える強力な作用をもちます。

A ビタミンE
抗酸化作用と血液循環の向上だけでなく、膜細胞を形成するリン脂質の代謝を向上させます。

*LGS改善サプリメントの紹介
上記の成分を全て配合したLGS改善のサプリメントを扱っている会社
有限会社プレバランス
問合せ先:0294-39-2134

4、注意点
ビタミンCについては腸膜の修復には欠かせない成分ですが、LGSを持った方の多くがビタミンCに対する耐性が低下しており、下痢、嘔吐感を訴える事が少なくありません。ビタミンCを摂取する際には、自分のビタミンCへの耐性がどの程度かを確認しながら最適な量を確認してください。

・ ビタミンCの最適量設定の目安
初めに、500mg(朝夕食後の2回に250mgづつわけて)のビタミンCからスタートし、3日間飲み続けても下痢や腹痛が無い場合には、1,000mg(朝夕食後の2回に500mgづつわけてまで増量し再び3日間継続して飲んでください。この要領で3日おきに500mgを増量させます。上限は最大で5,000から6,000mgまでとしてください。3日おきに500mgづつ増量して下痢や腹痛がおきた場合にはそのときの量から500mg少なくした量を継続して飲むようにするといいでしょう。

ビタミンCは理論的にはリサイクルが可能なビタミンですので、ビタミンCを有効に使うために、必須脂肪酸とともに摂取することをお勧めします。最適な必須脂肪酸はタラの油またはフラックスオイルがいいでしょう。
ページTOPへ