Nutritional TIPs
フードサークルの崩壊!
人は60兆人の子供の親であるという考え方
New-trition Topics
FLAXオイルについて
タラの肝油について
コレステロールはダイエットの敵ではない
あなたのダイエットの知識は大丈夫?!
女性必見 ナチュラルな「プロゲステロン」ホルモンの効果の数々
知りたい情報Q&A
ビタミン・ミネラルの選び方
CustomVitaMinシリーズ
栄養、健康に関する問い合わせ

重金属の体内蓄積について
水銀の害について
緊急報告!水銀が人間の脳内中枢神経に与える影響
水銀の排泄について
アマルガムの削除歯科医の紹介
解毒のためのポイント
水銀ニュースレター
自閉症関連情報

LGS(リーキーガット症候群)
LGS(リーキーガット症候群)について
LGS自己判断テスト
LSG改善のポイント
LGS学術文献集

新着健康情報
最新ニュース
Nutrition 見聞録
所長短信
佐藤所長のブログ
自宅でできる健康チェック
45歳以上の方の老化度テスト
胃酸の分泌量チェック法
栄養度判定検査
解毒判定検査
解毒のためのポイント
更年期度チェック
便の自己チェック
腸の運動量判定チェック
栄養素カウンセリングについて
栄養素カウンセリングについて

爪分析検査
爪の検査(NMA Test)

書籍の紹介
佐藤章夫の著書
ジョナサン・ライト先生が執筆した本の紹介

栄養医学研究所が推薦するクリニックの紹介
クリニックの紹介
歯科医の紹介
歯科医の紹介

栄養講座
生命の礎「アミノ酸」
抗酸化について
栄養素の神話
ヘルスナビゲーター講座


更年期レベル判定スコア
さて、あなたの更年期症状のレベルは? 

更年期は全ての女性が迎える特別な時期です。でも、更年期障害は全ての女性が経験するものではなく、その症状は個人差が激しいのが特徴で、症状が強い方がいる一方で、全く症状の出ない方もいます。女性にとってはできれば何事もなく過ごしたいと願う厄介なものかも知れません。でも、毎日を憂鬱に過ごすのではなく、更年期の背景をよく理解し、その症状をうまくコントロールして上手に更年期症状と付合っていくことも、生活の質を向上させるためには大切なことではないでしょうか。
.
今、更年期がどの程度なのかを確認し、ご自分の更年期症状をコントロールできるような食事や生活習慣のアドバイスを見ながら、今日から更年期と上手に付合ってみてはいかがでしょう。

今のあなたの症状が下記の設問に該当する場合にはチェックをしてください。
最後の設問まで終了しましたら、チェック数でスコアを確認してください。
□ いつも顔が熱くほてっている
□ 寝ているときに寝汗をよくかく
□ うつ状態になり不安や心配を感じることが多い
□ 寝つきが悪くよく眠れない
□ 以前に比べて甘いものをよく食べるようになった
□ 予期せぬときに生理の出血があった
□ 肌がカサカサし、毛髪がパサついて乾くようになった
□ 1日中汗をかくようになった
□ セックスのときに痛みを感じる
□ 膣部が乾いている
□ 膣部に痛みを感じる
□ 骨の密度が粗くなったと言われた
□ アザがすぐできるようになり、シミが増えた
□ 以前に比べて生理の周期が変化した
□ 性欲が無くなった
□ イライラして怒りやすくなった
□ 頭痛、めまい、吐気がよく起こる
□ 失禁したことがある
□ 乳房が敏感になりピリピリと痛みを感じる
□ 手足が冷える
□ 膀胱炎になりやすくなった

●チェック数が1-7個の方  「軽度更年期」
あなたの更年期は比較的軽い状態です
まず更年期症状の背景をよく理解することが重要です。
年齢が進むことによって女性ホルモン(卵巣が作るエストロゲン及び、黄体ホルモン)を作り出す機能は低下します。卵巣から分泌されているこのホルモンは思春期に急速に分泌量が増加します。20代、30代は安定していますが40代に入り急速に分泌量が減少し、ホルモン環境が不安定になります。この10代と40代のホルモンの変化は、体と心の状態を不安定にします。更年期の女性ホルモンの減少により更年期障害、膣の萎縮、肌の荒れ、尿失禁、骨粗鬆症、動脈硬化などの身体的変化が起こります。
.40代になって体や心の変化を迎えはじめると、それが病気や異常なのではないかと考えてしまう方が多くいますが、それは決して異常ではありません。

軽い状態でも安心せずに
あなたの更年期症状は比較的軽い状態ですが、これからそれが暗く辛い憂鬱なものになるのかどうかは、あなたが全てを素直に受け入れて上手くコントロールすることにができるかどうかと言うことです。

鉄則
「あなたの体と心の主人は自分であり、更年期症状を当然のように甘受しない」
更年期症状と上手く付合うために
不快の症状を最小限に抑えるために、まず食生活を改善し、適確な栄養素を摂取することを心がけましょう。

*あなたの身の回りにある食材の中で次に揚げるものの摂取を極力抑えることです。
砂糖、脂質、塩分、コーヒー、お茶、煙草、チョコレート

*逆に、次に揚げるものを積極的に増やすことです。
大豆、穀物、ゴマ、ヒマワリの種、アーモンド、生鮮野菜、果実、ニンニク
.特に大豆には、あなたの更年期症状を緩和させるために効果のある、自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用があります。

*食事は数回にわけて適量を規則正しく食べること
食事は義務感で食べるものではありません。朝昼晩の3回にボリュームのある食事を摂るよりも、中身の充実した食事を数回にわけて摂ることによって、エネルギー代謝の適度に分散させ、顔のほてりを軽減させることが可能です。

*カロリーに気を配るのではなく、適確な栄養素の摂取に気を配ること
更年期症状が予想以上に早く訪れる方や、更年期症状を迎えた初期段階の方の多くは、更年期症状の原因となる女性ホルモンの調整にかかわる特定の栄養素(ビタミン・ミネラル)が十分に摂取できていないことが少なくありません。
近年の大規模農業で生産された野菜や肉には思いの他ビタミン・ミネラルが含まれていないため、食材だけでこの栄養素を摂取しようと思っても十分ではありません。
.複合タイプのビタミン・ミネラル(マルチビタミン・ミネラル)で不十分な栄養素を補いましょう。
.
・更年期症状緩和に有効なビタミン・ミネラル
.ビタミンA/C/E/B1/B2/B5/B6/B12/K、葉酸、ビオチン
.カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄、銅、マンガン、セレン、クロム、バナジウム、ボロン、亜鉛、モリブデン
・更年期症状緩和に有効な大豆ベースのサプリメント

大豆にはイソフラボンというタンパク質が含まれていて、これには自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用があり、不足した女性ホルモンのバランスをとることができます。

●チェック数が8-14個の方  「中度更年期」
あなたの更年期症状は比較的穏やかな状態です
まず更年期症状の背景をよく理解することが重要です。
.年齢が進むことによって女性ホルモン(卵巣が作るエストロゲン及び、黄体ホルモン)を作り出す機能は低下します。卵巣から分泌されているこのホルモンは思春期に急速に分泌量が増加します。20代、30代は安定していますが40代に入り急速に分泌量が減少し、ホルモン環境が不安定になります。この10代と40代のホルモンの変化は、体と心の状態を不安定にします。更年期の女性ホルモンの減少により更年期障害、膣の萎縮、肌の荒れ、尿失禁、骨粗鬆症、動脈硬化などの身体的変化が起こります。
40代になって体や心の変化を迎えはじめると、それが病気や異常なのではないかと考えてしまう方が多くいますが、それは決して異常ではありません。

更に穏やかに更年期症状と付合っていくために
.更年期を更に穏やかに、できれば症状を緩和させるためには、あなたが全てを素直に受け入れて上手くコントロールすることにができるかどうかと言うことです。

鉄則
「あなたの体と心の主人は自分であり、更年期症状を当然のように甘受しない」
更年期症状と上手く付合うために
不快の症状を最小限に抑えるために、まず食生活を改善し、適確な栄養素を摂取することを心がけましょう。

*あなたの身の回りにある食材の中で次に揚げるものの摂取を極力抑えることです。
.砂糖、脂質、塩分、コーヒー、お茶、煙草、チョコレート

*逆に、次に揚げるものを積極的に増やすことです。
.大豆、穀物、ゴマ、ヒマワリの種、アーモンド、生鮮野菜、果実、ニンニク
.特に大豆には、あなたの更年期症状を緩和させるために効果のある、自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用があります。

*食事は数回にわけて適量を規則正しく食べること
食事は義務感で食べるものではありません。朝昼晩の3回にボリュームのある食事を摂るよりも、中身の充実した食事を数回にわけて摂ることによって、エネルギー代謝の適度に分散させ、顔のほてりを軽減させることが可能です。

*更年期症状緩和に有効な大豆ベースのサプリメント
大豆にはイソフラボンというタンパク質が含まれていて、これには自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用があり、不足した女性ホルモンのバランスをとることができますので、今の辛い重い症状を軽減させるためには一番効果的なサプリメントです。大豆に含まれるイソフラボンの作用を引き出すためには・・・
豆腐であれば7丁、
豆乳であれば3リットル
枝豆であれば5Kg
納豆であれば3Kg
これだけの大豆食品を食べなければなりません。
大豆ベースのサプリメントのメリットは、自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用を持つこのイソフラボンだけを抽出濃縮させたものであるため、適量を効果的に摂取できることです。
.
*カロリーに気を配るのではなく、適確な栄養素の摂取に気を配ること
更年期症状が予想以上に早く訪れる方や、更年期症状を迎えた初期段階の方の多くは、更年期症状の原因となる女性ホルモンの調整にかかわる特定の栄養素(ビタミン・ミネラル)が十分に摂取できていないことが少なくありません。
.近年の大規模農業で生産された野菜や肉には思いの他ビタミン・ミネラルが含まれていないため、食材だけでこの栄養素を摂取しようと思っても十分ではありません。

・更年期症状緩和に有効なビタミン・ミネラル
ビタミンA/C/E/B1/B2/B5/B6/B12/K、葉酸、ビオチン
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄、銅、マンガン、セレン、クロム、バナジウム、ボロン、亜鉛、モリブデン

・ハーブサプリメント
ハーブの中には、女性ホルモンのバランスをとるために優れた作用をもつものが少なくありません。
.ブラックコホッシュ、サルサパリラ、アンジェリカ

*適度な運動を続けること
適度な運動を定期的に行うことでストレスを減少させ、更年期症状を緩和させることができます。フィットネスクラブやテレビショッピングで高価な運動器具を利用しなくても、散歩や体操を毎日継続することでストレスは軽減できます。
.
●チェック数が15-21個の方  「重度更年期」
あなたの更年期症状は比較的重い状態です
まず更年期症状の背景をよく理解することが重要です。
年齢が進むことによって女性ホルモン(卵巣が作るエストロゲン及び、黄体ホルモン)を作り出す機能は低下します。卵巣から分泌されているこのホルモンは思春期に急速に分泌量が増加します。20代、30代は安定していますが40代に入り急速に分泌量が減少し、ホルモン環境が不安定になります。この10代と40代のホルモンの変化は、体と心の状態を不安定にします。更年期の女性ホルモンの減少により更年期障害、膣の萎縮、肌の荒れ、尿失禁、骨粗鬆症、動脈硬化などの身体的変化が起こります。
40代になって体や心の変化を迎えはじめると、それが病気や異常なのではないかと考えてしまう方が多くいますが、それは決して異常ではありません。

少しでも今の症状を軽減させるために
今のあなたの症状を辛く感じているでしょう。その辛い状態を軽減させ、少しでも開放されるためには、あなたが全てを素直に受け入れて上手くコントロールすることにができるかどうかと言うことです。

鉄則
「あなたの体と心の主人は自分であり、更年期症状を当然のように甘受しない」
更年期症状と上手く付合うために
不快の症状を最小限に抑えるために、まず食生活を改善し、適確な栄養素を摂取することを心がけましょう。

*あなたの身の回りにある食材の中で次に揚げるものの摂取を極力抑えることです。
砂糖、脂質、塩分、コーヒー、お茶、煙草、チョコレート

*逆に、次に揚げるものを積極的に増やすことです。
.大豆、穀物、ゴマ、ヒマワリの種、アーモンド、生鮮野菜、果実、ニンニク
.特に大豆には、あなたの更年期症状を緩和させるために効果のある、自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用があります。

*食事は数回にわけて適量を規則正しく食べること
食事は義務感で食べるものではありません。朝昼晩の3回にボリュームのある食事を摂るよりも、中身の充実した食事を数回にわけて摂ることによって、エネルギー代謝の適度に分散させ、顔のほてりを軽減させることが可能です。

*更年期症状緩和に有効な大豆ベースのサプリメント
大豆にはイソフラボンというタンパク質が含まれていて、これには自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用があり、不足した女性ホルモンのバランスをとることができますので、今の辛い重い症状を軽減させるためには一番効果的なサプリメントです。大豆に含まれるイソフラボンの作用を引き出すためには・・・
豆腐であれば7丁、
豆乳であれば3リットル
枝豆であれば5Kg
納豆であれば3Kg
これだけの大豆食品を食べなければなりません。
大豆ベースのサプリメントのメリットは、自然のエストロゲン(女性ホルモンの1つ)作用を持つこのイソフラボンだけを抽出濃縮させたものであるため、適量を効果的に摂取できることです。
.
*カロリーに気を配るのではなく、適確な栄養素の摂取に気を配ること
更年期症状が予想以上に早く訪れる方や、更年期症状を迎えた初期段階の方の多くは、更年期症状の原因となる女性ホルモンの調整にかかわる特定の栄養素(ビタミン・ミネラル)が十分に摂取できていないことが少なくありません。
.近年の大規模農業で生産された野菜や肉には思いの他ビタミン・ミネラルが含まれていないため、食材だけでこの栄養素を摂取しようと思っても十分ではありません。

・更年期症状緩和に有効なビタミン・ミネラル
ビタミンA/C/E/B1/B2/B5/B6/B12/K、葉酸、ビオチン
カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、鉄、銅、マンガン、セレン、クロム、バナジウム、ボロン、亜鉛、モリブデン

・ハーブサプリメント
ハーブの中には、女性ホルモンのバランスをとるために優れた作用をもつものが少なくありません。
ブラックコホッシュ、サルサパリラ、アンジェリカ

*適度な運動を続けること
適度な運動を定期的に行うことでストレスを減少させ、更年期症状を緩和させることができます。フィットネスクラブやテレビショッピングで高価な運動器具を利用しなくても、散歩や体操を毎日継続することでストレスは軽減できます。
ページTOPへ