気管支炎

食事と栄養:参考文献

・アレルギーや過敏反応の原因となる食品を摂らないようにする。食品を特定するにあたっては、除外食試

 験またはアレルギーテストを行うが、特に乳製品、トウモロコシ、小麦を調べる。 

・飲み物は温かいものを摂るようにする。

*ニンニクやタマネギをたくさん摂るようにする。冷え性の場合は、生姜トウガラシを摂るようにする。

*砂糖のほか、デンプン、炭水化物の摂取も控える。

 

ビタミンとミネラル:参考文献

ビタミンA:25,000 I.U. を 1 日 2 回摂取

ベータカロチン:200,000 I.U.

ビタミンC:2 gを 1 日 4 回摂取

ビタミンE:400 I.U. を 1 日 2 回摂取

亜鉛:30 mgを 1 日 2 回摂取

:2 - 4 mg

セレン:200 - 300 mcg

 

サプリメント:(参考文献

N-アセチル・システイン:1 g を 1 日 2 回摂取

ケルセチン:500 mg を 1 日 3 回食間に摂取

ブロメライン:150 - 500 mg を 1 日 3 回、食間に摂取

 

ハーブ療法:参考文献

チンキ剤……*オールド・マンズ・ビアード.、 *カンゾウ、 *エキナセア、 *ロマティウム*ヤナギトウワタ、 *ブラッドルート、 *トウガラシ:小さじ 1/4 を 1 日 4 回摂取

 

気管支炎に適応するハーブの単独使用:

Allium sativum (ニンニク)
Althea officinalis (マシュマロー、ウスベニタチアオイ)
Armoracia rusticana (セイヨウワサビ)
Asclepias tuberosa (ヤナギトウワタ)
Bupleurum chinense (ミシマサイコ)
Capsicum frutescens (トウガラシ)
Chelidonium majus (クサノオウ)
Echinacea angustifolia (エキナセア)
Eriodictyon californicum (イエルバサンタ)
Glycyrrhiza glabra (カンゾウ)
Grindelia camporum (ネバリオグルマ)
Hyssopus officinalis (ヒソップ)
Inula helenium (オオグルマ)
Lobelia inflata (ロベリアソウ、インディアンタバコ)
Lomatium disectum (ロマティウム、ディザートパセリ)
Marrubium vulgare (ニガハッカ)
Nepeta cataria (キャットミント、イヌハッカ)
Petasites hybridus (バターバー、セイヨウフキ)
Pimpinella anisum (アニス)
Polygonum multiflorum (ツルドクダミ、フォーチー、カシュウ)
Sanguinaria canadensia (ブラッドルート、アカネグサ)
Sticta pulmonaria (
ラグウォート、ヒメムラサキ)
Stillingia sylvatica (クイーンズディライト)
Symphytum officinale (コンフリー、ヒレハリソウ)
Thuja plicata (
ウェスタンシーダー
Thymus vulgaris (タイム)
Trifollium pratense (
レッドクローバー、アカツメクサ)
Trigonella foenum-graecum (フェングリーク)
Trillium erectum (
ベスルート、エンレイソウ)
Tussilago farfara (
クロットフット、フキタンポポ)
Usnea spp. (オールド・マンズ・ビアード)
Verbascum thapsus (
マレイン、ビロードモウズイカ)
Verbena officinalis (
バーベイン、クマツヅラ)
Zingiber officinale (ショウガ)

 

ホメオパシーのレメディ:参考文献

・気管支炎全般:acet-acaconAESC all-calum alumn am-c、 am-i、 am-m、 am-p、 ant-a、 ant-cANT-TapisarnARS、 ars-i、 asc-taur-m、 bar-c、 BAR-Mbellbenz-ac、 blatta、 bromBRYcactcalc、 calc-f、 camphcann-scarb-scarb-v、 card-m、 caustchamchel、 chin、 chlol、 chlor、 cina、 DROSdulc、 euphr、 ferr-iFERR-Pgels、 grin、k guai、k HEP、 hippoz、 hyosiodIP、 kali-ar、 kali-bikali-c kali-chl、 kali-p、 kreoslachlobLYC、 mang、 merc、 merc-sul、 nat-a、 nat-mNAT-Snit-acnux-vph-acPHOS、 piloc、 plb、 psorPULSrhus-trumxSANGsang-nSENECsenegsepSILSPONG、 squil、 STANNstict、 sul-ac、 sulphter、 thuj、 TUBverat、 verb、 zinc

・子どもの気管支炎:am-c、 ant-tdulc、 ferr-p、 IPKALI-C、 nat-a、 phos、 sil

・高齢者の気管支炎:all-c、 am-c、 ammc、 ant-c、 ANT-T、 ars、 bac、 camphcarb-vdrosHIPPOZhydr、 kali-c、 kreos、 lycPHOSnux-v、 seneg、 sil

(ホメオパシーの概要についてはここをクリック)

 

その他の療法:(参考文献

*抗感染IV 療法:気管支炎が治るまで 1 日おきに

・呼吸を楽にするバームまたはユーカリオイルを使って蒸気吸入する。

*温湿布または湯たんぽを胸と背中に 30 分間当てる。

*からし湿布……からし粉に対して 3 倍の小麦粉にオリーブオイルか水を加えてペースト状に練る。布に塗布して5 〜 20 分間胸に湿布する。

 

- 気管支炎改善のための処方箋

Copyright 1998 - 2005 by L. Vicky Crouse, ND and James S. Reiley, ND. All rights reserved (ISSN 1527-0661).
Copyright Akio Sato,CCN  2008 All rights reserved.